通販でうつ治療!デパス通販で解決

通販でうつ治療!デパス通販で解決

自宅で可能なうつ病の治し方|早期治療の重要性

抗うつ剤の働き

抗不安薬は不安や緊張などに由来する精神的および肉体的な症状を軽減するために用いられる薬です。
うつ病やパニック障害、自律神経失調症などの治療に使われます。
抗不安薬として最も多く使われているのはベンゾジアゼピン系の薬です。
代表的なものにソラナックスやワイパックス、デパスといったものがあります。
ベンゾジアゼピン系抗不安薬はGABA(ガンマアミノ酪酸)に作用することで緊張や不安を緩和します。
GABAはヒトの身体の中でも特に脳や脊髄などの中枢神経と言われる部分に多く存在する神経伝達物質です。
神経伝達物質の中には興奮系と抑制系の2つがありますが、GABAは抑制系の神経伝達物質としての役割を持っています。
抗不安薬にはSSRIというものもあります。
これはセロトニン再取り込み阻害薬と呼ばれるもので、代表的なものにパキシルがあります。
セロトニンもGABAと同じく抑制系の神経伝達物質であり、興奮物質であるノルアドレナリンやドーパミンの働きを抑えることで不安や緊張を和らげます。
通常、健康な人の体内では2種類の神経伝達物質が上手くバランスを取っていて、場面場面によって精神を興奮させたり、落ち着かせたりといったことをコントロールしています。
ところが、何らかの原因によってドーパミンなどの興奮系神経伝達物質が過剰に分泌されてしまうと自律神経の中でも交感神経が優位に立ち、その結果として興奮状態になったり、不安を強く感じたりといった症状が出てしまいます。
そこで、抗不安薬を服用することで抑制系の神経伝達物質を増やし、過剰になった興奮系の神経伝達物質の働きを抑えることで不安や緊張を和らげるのです。
このように、抗不安薬は不安や緊張を強く感じる人にとっては非常に有効な薬ですが、問題もあります。
それが副作用と耐性、そして依存性です。
まず副作用についてですが、脳内に抑制系の神経伝達物質が増えると副交感神経が優位な状態になり、眠気を感じるようになります。
そのため、抗不安薬は睡眠導入剤としての役割も持っているわけですが、効果が強く出る人の中には昼間でも強い眠気を感じて注意力が散漫になります。
また抗不安薬は筋弛緩作用があるため、足腰に力が入らずにふらつきを感じることがあります。
人によってはろれつが回らなくなることもあります。
こういった副作用の多くは薬の飲み始めに出ることが多く、ほとんどの人は服用を続けていると副作用を感じなくなります。
しかし、ある程度服用を続けていると、今度は耐性と依存性が問題となってきます。
特にSSRI系の抗不安薬では耐性と依存性が強く出る傾向にあります。
無理に薬をやめてしまうと、これまで抑えられてきた不安や緊張が一気に吹き出してしまう(これを離脱症状といいます)ため、依存性の弱いベンゾジアゼピン系がお勧めです。