通販でうつ治療!デパス通販で解決

通販でうつ治療!デパス通販で解決

自宅で可能なうつ病の治し方|早期治療の重要性

不安障害にもデパスが有効

不安障害の一つとして数えられる強迫性障害とは、強迫観念と強迫行動のふたつから成り立っています。
強迫観念とは同じ事柄をずっと考えてしまう症状です。
具体的にいうと家の鍵をかけ忘れているような気がしてならないといったもので、本人の記憶の中に鍵をかけたシーンが明確に存在し、その不安が間違いであると理解していても、その考えそのものがいつまでたっても頭から離れないのです。
いわば本人の意思とは関係なく考えが居座ってしまっている状態を指します。
続いてそんな強迫観念から逃れるために起こす行動が、強迫行動と呼ばれるものです。
ドアの鍵のしめ忘れなら、本当に鍵が閉まっているかどうかの確認が強迫行動に該当しますが、一度ではなく何度もその行動をとってしまうのが特徴です。
どの程度同じ行動を繰り返すかは症状の軽い重いがあり、本人の「これをすると安心する」といったルールによっても変化します。
たとえば何度も鍵を確認し続けて落ち着く場合もあれば、最終的には自分以外の第三者に確認してもらうことで終了するケースもあり、どちらにしても健康な人間なら一度で終わる確認作業を繰り返し行わなければ強い不安感や苦痛を感じてしまうため、一般生活に悪影響を及ぼす症状です。
このような不安障害の一つである強迫性障害から来る行動を少なくさせる方法では、身近な人間が行いやすいものとして「保障」があげられます。
それは強迫性障害にかかっている人間の行動を見守り、「自分が確認したから大丈夫」とお墨付きを与えることです。
そうすることで本人は、自分以外にも確認してくれた人がいるからと安心感が持てるので強迫行動の回数が減ると言われています。
この時に重要なのは遠くから見ているのではなく、鍵のしめ忘れなら本人の目の前で鍵を回してみせるなどして、「この人はきちんと確認してくれた」と認識させることです。
強迫性障害に限らず不安障害ではこのように周囲からの適切な助けで症状を緩和できるパターンはいくつもあります。
では具体的に強迫性障害になる原因はなにかというと、遺伝的要素であったり強いストレスであったり、完璧主義者といった個人の性格によるところもあります。
それらの原因がきっかけとなり、脳の伝達物質であるセロトニンの機能異常が起こるのではないかと指摘されています。
なので主な治療方法である投薬ではこのセロトニンに作用する薬が使用され、それ以外では不安や緊張になりやすくて強迫性障害を起こす人には行動療法で不安や緊張に慣れるようにしたり、同じ症状を持った患者たちが集まり話し合う自助グループなどでストレスを溜めこまないようにするなど、それぞれの個人にあった治療法で根気よく直していくのが現状です。